所沢市議会議員 浅野みえ子

2017年 11月 13日 (月)

所沢・入間で明治時代から栄えた蚕糸・織物・製茶を運んだ西武鉄道

by 浅野みえ子

KPP_83g_83_8C_83C_83_93.jpg
目立つKPPトレイン
_82S_96_9C_8Cn.jpg
綺麗な4万系・孫が大好き
_83X_83_8A_81_5B_83i_83C_83_93.jpg
銀河鉄道999のラッピング電車
土、日と2日間、電車の大好きな孫と所沢駅の大踏切へ西武線を見に行きました。大好きな車種を見ました

西武鉄道は、今でこそ「西武新宿〜本川越」「本川越〜国分寺」と、繋がっていますが、
明治25年に「本川越〜国分寺」は、川越鉄道が、運営会社として設立したそうです。当時、入間地方で生産される蚕糸、織物、製茶等を東京に輸送する路線として重宝されたそうです。
その頃、所沢地方の方々も盛んに(まだ市になっていません)蚕糸、織物、製茶等を仕事としていました。又、今の元町の所に大きな織物問屋があり入間市方面も入れて商売の中心だったそうです。
 その後、いろいろあって大正11年に、川越鉄道が武蔵鉄道に譲渡され、その時に社名を「西武鉄道」としたそうです。

 そんな事を思ったのは、今日の埼玉新聞に入間市にあった明治〜昭和にかけて、全国的に名をはせた「石川組製糸会社」が、解散して今年で80年を迎えたので、地元の入間博物館が特別展を開催すると、載っていました。私の調べでは、石川組は雪深い野麦峠のような女工哀史はなく、夜学の「家庭学校」があって珠算や作法を教えたり、楽しく女性の笑い声が響いていたそうです。そんな、展示を今度見に行きます


2017年 11月 5日 (日)

母のお祝いで沖縄県に行きました

by 浅野みえ子

_82_D0_91_B7_82_BD_82_BF.jpg
ひ孫のパパ・ママ・ひ孫さん方のダンス
_83T_83U_83_93_83r_81_5B_83_60_83z_83e_83_8B.jpg
会場のサザンビーチホテルの横は海:曇りの日でした
_8Dg_8C_5E_92_85_95_A8.jpg
紅型染めの着物でおめかし
_95_EA_82_C6_8CZ_82_C6.jpg
母と兄と・・・・・
昨日4日(土)兄の家族と沖縄に住む、母のカジマヤーの祝いで沖縄に行ってきました。
カジマヤーは、97歳のお祝いで、子供に戻るということで風車を回すそうです。カジマヤーは風車からの名前だそうです。

私は九人兄弟で、その子供たちが、孫を生み、ひ孫もできて、母の子供、孫、ひ孫で合わせて72人。おめでたい!ありがたい!あやかりのお米をお土産にいただきました。私の家族もあやかりたいです。

全員はあつまらなかつたけど、沖縄にいるひ孫たちが沢山出てダンスもしてくださり、楽しかった!のりの良いダンスで、兄が話してくれましたが「かわいくて、のりが良いので、地元のコンビニのCMに、この子たちが踊った姿がしばらく流れていたそう」です。

 母から、ひ孫にプレゼント。ひ孫から母へプレゼントがありました。母は、しばらく父が設立した保育園の園長をしていましたので、その保育業界で・地域の方々と・今通っているいる介護施設でもカジマヤー祝いをして下さり、今回の家族の祝いが4回目だそうです。このような繋がりや、年を重ねた方を大切にするのが沖縄県の風土です。


2017年 8月 18日 (金)

宝塚歌劇を観に行きました

by 浅野みえ子

_95_F3_92_CB.jpg
ファンが写真を写すおすすめのスポットで記念写真を
_95_F3_92_CB_83J_81_5B_83e_83_93.jpg
写真は撮れませんが、唯一、休憩時間の時の舞台幕を写しました
 16日(水)13時30分の宝塚歌劇:花組公演を観に行きました。
幼稚園教諭として働いていた幼稚園で縁があった方が、タカラジェンヌになられて今回、出演しているので観に行きました。

 今、「所沢市議会だより」で、活躍している若い所沢出身の方々を取材して、記事にしています。(写真・インタビュー等で)初めは、所沢市出身者初の幕内力士「北勝富士大輝」でした。将来、所沢出身のこのタカラジェンヌを記事にしたいと思っていますが・・・

名前は「侑輝 大弥(=ゆき たいや)」です。

 「邪馬台国の風」と言う古代ロマンのミュージカルで、舞台もストーリーも美しくロマンチックで魅せられました。侑輝 大弥さんは、2014年、宝塚音楽学校入学の第102期生で、2016年、宝塚歌劇団入団です。
これからセリフのある役を演じることと期待しますが、今回も、いくつかの場面で男性役で伸びやかに踊っていました。一緒に行った末吉議員にオペラグラスを借りて、観たら表情まで見えて楽しめました。素晴らしい笑顔で表情も踊っていました。

2部のファンタスティークは「最高級ワインをあなたに」でした。これも夢の世界に連れて行ってくらました。最後の見せ場が数人の方が、客席に降りてきてグラスを持っている観客と「乾杯!」をして下さり楽しかったです。

素晴らしい時間がもてました。


2017年 3月 20日 (月)

都議会の百条委員会で、石原元知事の証言を聞きました

by 浅野みえ子

 3月定例議会が、2月22日(水)から開会しています。
今回は、予算議会なので会期が長いです。閉会は3月28日(火)です。
私は、予算特別委員会の委員でしたので、今議会は家でも予習しまして(28年度の予算書と比較したり、市の事務事業評価表を見たり)毎日、かなり忙しく過ごしました。

 今日は(20日)、久しぶり家でのんびり・・・。都議会の「豊洲市場を巡る都議会の百条委員会」が、あったので元石原慎太郎知事のインターネット中継を見る事が出来ました。

70分間なので追及しにくかったとの印象でした。最初の30分間位、質問時間を使った自民党議員の2人方は、特に聞きたい事が無いようでしたから質問者として出なくても・・・と感じました。とは言え、その後の各党の委員の方々も、ご自分の言いたいことは発言しても元知事から何も引き出せなかったように思えました。証拠を委員が持っていないのに、百条委員会で追及するのは難しいなあと感じました。

もっと、「何年・何月の議会で元知事はこのように発言しているのに、提出した予算額は違う。とか」何か知事時代の発言を掘り起こし、矛盾点を解明する事は出来なかったのでしょうか?普段から、都議会は「一問一答」を実施していないし、また、質問は会派の人数で割り当てられるので、百条委員会でも質問時間が5分の委員もいました。

その点、所沢市議会は議会改革が進んでいて「質問時間は、会派人数とかは関係なく、議員1人ひとりに与えられた権利だから、誰でも、同じ時間を使えます。一般質問は、1人、1時間です」都議会は、一般質問が「10分」の議員もいるそうです。所沢市議会の先輩議員のみな様に感謝します。

でも、都議会は百条委員会を通して、何を結論として導きたいのでしょうか?

豊洲市場、土地購入費560億円に加え、858億円もの土壌汚染対策費を都民の税金から投入し、(その時、瑕疵担保責任がある東京ガスは、土壌汚染対策費に78億円しか負担していない)工事費を入れて、今まで約6,000億円を投じた新市場をどうするのでしょう?
勿論、事実を明らかにして情報公開し続ける事は、必要だと思いますが、その事実で判明したことを実際の都政にどう生かすのでしょう?

夏の「都議選」で都議会で過半数の議席確保に新党をつくるなど小池知事は目指していられるようですが、最大会派の党首が首相になる国の議院内閣制ではなく、地方自治体では、知事も議員も別々に選ばれ、知事は執行機関、議会は議決機関で双方は抑制均衡を保つことが望まれる2元代表制になのですから、議会も知事の下請け的に動くように見える事に、何かしっとりきません。

でも、当面の操業補償費が100億円、施設の維持に年間数10億円ものお金がかかります。知事とは離れて、議会も市場をどうするか考えなくてはならないのではないでしょうか?難しいですが・・・とにかく、東京都はお金持ちなんでしょうが???

私は、むしろ2012年5月に築地市場の業者の方々が、都を相手取り東京地裁に提訴した住民訴訟の行き先に興味があります。土壌汚染が確認されたのに、その汚染対策費用を適正に見込まない価格で、元知事が東京ガスと豊洲市場用地の売買契約を結び、都に損害を与えたとして、石原氏に土地取得額約560億円を請求するよう都に求めているものです。

ちなみに、今議会の予算を審議する中で知ったのですが、執行部(市長や部長)の方が、入る保険があるそうです。市長達は、住民訴訟が起こされる事もあります。その為にも議案提出は慎重であるでしょうが。とは言え訴訟で負けて損害金額を求められた時の、担保としての保険だそううです。各執行部の方が自分で、入る保険ですので、藤本市長が入っていられるかどうかは知りません。
元石原知事も入っていられたのでしょうか?


2016年 4月 24日 (日)

高麗郡建郡1300年記念60代目、高麗文康宮司講演会

by 浅野みえ子

_83_7E_83_85_81_5B_83W_83J_83_8B_81F_82_C2_82_DE_82_AE_82_B1_82_DC_82_D0_82_C6_82_CC_83_60_83_89_83V.jpg
ミュージカル「つむぐこまひと」のチラシ
_8D_82_97_ED_8CS_8C_9A_8CS_82P_82R_82O_82O_94N_83C_83x_83_93_83g_82_CC_83_60_83_89_83V.jpg
高麗郡建郡1300年記念イベントのチラシ
 かわせみマラソンに(3月13日)参加した経験から、日高市と高麗神社に興味を抱きました。最近、多くの新聞や広告で「高麗郡建郡1300年」と広く訴えています。

4月19日(火)に「所沢織物研究会」主催で「高麗宮司の高麗文康氏」の講演会が、ふらっとで開催されました。私もお伺いしました。会場はあふれるほどの熱気があり80名以上の参加者がいました。

高麗文康宮司は、高麗郡の初代郡司「高麗王若光」の60代目の子孫の方です。合気道5段との事で、落ち着いた品のある方でいろいろ高麗郡の歴史を講話下さいました。

1300年前の高麗郡の建郡は、中国の高句麗と言う国から始まります。高句麗は、中国の東北部から朝鮮半島にかけて約700年間(紀元前37年頃から668年)栄えた大きな国でした。その高句麗は、唐(今の中国)や新羅と戦っていましたが、戦いにやぶれ、668年にほろんでしまいました。

 国がなくなってしまったため、高句麗から海を渡って日本に来る人たちが多くいました。その人たちを日本では「高麗人」と呼びました。その人たちが高麗郡を建郡したそうです。

 その時の高麗郡の範囲は、日高市と鶴ヶ島市の全域、それに飯能市や川越市、狭山市、入間市の一部まで入っていたそうです。

明治29年に郡の統合により、高麗郡は入間郡に統合され高麗郡として長い間使われてきた名称は消えることとなりました。そして、昭和30年に高麗村と高麗川村が合併して日高町が誕生したそうです。

高句麗人、1,799人を率いて高麗郡の開拓にあたった、若光が没した後、郡民がその徳を偲び、高麗郡の守護神として御霊を祀った。これが高麗神社の創建だそうです。

今年は、60代目に当たる現宮司が、〜高麗郡百花繚乱〜(こまぐんひゃっかりょうらん)と題し、様々な行事や催し物を行うそうです。

・埼玉県立博物館で「特別展」を開催

5月21日(土)には、高麗神社神楽殿で「ミュージカル:つむぐこまひと」 が実施されます。今から、楽しみです。

1300年前の若光役は、所沢市民でいらっしゃる牧野俊浩氏です。牧野氏は介護予防のために「声みがき術」を提案するセラピー音楽家です。( 有限会社文化センターボックスの代表者)


2016年 3月 13日 (日)

日高市の第40回かわせみマラソン大会で走りました

by 浅野みえ子

_8A_AE_91_96_8F_D8.jpg
完走証書
_8D_82_97_ED_90__8E_D0.jpg
高麗神社
_8D_82_97_ED_92_E0.jpg
高麗邸
_8Dg_94_7ENO_2E2.jpg
高麗神社の裏手にある高麗邸屋敷に紅梅が咲いていました
 今議会の一般質問が、11日(金)9時から始まりました。私は、3番目で11時からでした。

2番目の矢作議員が、議会の申し合わせにある「議案に提出された事業は一般質問しない」に反して、議案にある事業を一般質問したので、動議がかかり、「暫時休憩」となり、議会運営委員会が開かれました。

議運では、申し合わせ事項が再度確認されて・・・。矢作議員の質問に対する答弁はなしとなりました。その後、11時過ぎに矢作議員の質問が途中だったので、続きをしました。

1時間位議会が止またので、矢作議員が終わった時は、12時近くでした。よって、11時からの私の一般質問は、午後1時からに延びました。

11時は、私の支援者の方々が20名近くいらして下さっていましたが、午後から他の予定がある方々は帰り、それでも12〜3名の方々は、昼食を済まされてから、1時に傍聴に来て下さいました。ありがとうございます。
1時から予定の、石原議員の傍聴にいらした方々もいらして、40名近くの市民の方が傍聴席にいました。

無事、私の一般質問は行われました。
次回、内容についてはお知らせします。

今日、13日(日)は、「3キロジョギングコース」に参加して、完走し息抜きをしました。明日からしばらく休んでいたウオーキングを出来るだけしようと思います。

マラソンには、中村議員・石本議員・杉田議員・島田議員も
「10キロコース」に参加しました。


2016年 2月 23日 (火)

実家に帰りました

by 浅野みえ子

 今日(23日)朝、4時35分の「所沢駅東口〜羽田空港へのリムジンバス」に乗り、沖縄の実家に帰りました。

母が数日前に入院したのでお見舞いです。病院は、モノレールの首里駅にありました。

母は、季候の良い沖縄に住み長寿です。最近は、ディサービスに週数日通い、友人と楽しんでいたのに・・・急に・・・

しばらく会いに来れなかったけど、距離はすぐに縮まります。
笑顔で喜んでくれました。

私は、母に似ています。ベットで寝ている母を見舞って「高齢になると私もこんな風な雰囲気になるのかな?」と、しみじみ思いました。

明日、少し手術をするとのこと「手術の成功を祈り」「心残りのまま」兄夫婦にお願いして、夜の便で羽田に戻りました。


>>


>>このカテゴリーの記事一覧




RSS

Ringworld
RingBlog v3.20f