所沢市議会議員 浅野みえ子

<< その他の記事 >>
2014年 1月 29日 (水)

懐かしい方々にお会いできた日

by 浅野みえ子

BfI-tm0CIAAtavl[1].jpg
政策討論会のチラシを配布した議員(事務局の職員の方、2人もいつも協力して下さいます)
 29日(水)は、人間ドックの受診日。
昼に、行く所があるのでなるべく早くに終了したく、受付を朝6時30分にしてみました。こんな早いの初めてです。有り難い事に、我が家は市民医療センターに車で5〜6分で行けます。

 市民医療センターに6時20分に着きました。すでに、センター入り口に「4人の方」が並んでいました。6時30分に入口が空き、受付のある2階に行き名前を書いて家に帰りました。

 次に、8時30分位に行きました。すぐに1番の方が始まり5番の私は、8時40分前には着替えて受診が始まりました。そして順調に終わったのが10時でした。
 嬉しい事が2つ。受診して下さった検査技師の方と、看護師の方に私が、幼稚園教諭時代に担任をした園児のお母さんが1人づついらっしゃいました。社会人になられたお子さんの様子も教えていただき嬉しくなりました。

 もう一つ。視力が、右目も左目も「1.5」でした。(去年は「1.2」だったのに)また、聴力なのですが、今年は大丈夫でした。(去年は、右耳が低い音が聞こえにくかったのでが・・・)確かに、日常でも聞こえにくい事が減っています。他の検査結果がドキドキしますが、「郵送で3週間後」との事でした。(結果を問診で直接お聞きする方が早いようです)

 昼に所沢織物文化研究会(小川英樹会長)の新年会に参加しました。

今回も「所沢の飛白(=かすり)」の話をお聞きしたり、
 
入間市にある旧石川組製糸の迎賓館として建造された「西洋館」等の話をお聞きしました。業績が良かったのに関東大震災や日中戦争で、石川組製紙工場(貿易で倉庫としていた横浜の大きな倉庫も)燃えてしまい、経営不振になり地域の社会、経済に大きな影響を与えた事とか・・・詳しい方が多いのです。

所沢の「湖月縮・ちじみ」の事も話題になります。「湖月縮・ちじみ」に詳しく大事に保管していらして、所沢市に寄付して下さった越坂部三郎先生は、今年は不参加でした。お元気ですが外出を控えていられるそうです。

 夜6時から、所沢市議会で行う「2月1日:政策討論会」のお知らせチラシを、新所沢駅で教宣活動で配布しました。(有志議員が)私は、幼稚園があった東口で配布しました。

 嬉しい事に、卒園生1名と保護者の方5人にお会いできました。10年以上お会いしていないお母様方ですが、みな様変わらず若いのですぐ分かります。子どもさんの近況を教えて下さる方もいて笑顔になります。卒業生は大学2年生でした。変わっているので分かりません。でも「浅野先生ですか?」と声をかけて下さいました。
照れるくらい大人の顔と雰囲気になっていて・・・。でも苗字を聞いたら名前を思い出しました。

「大変な時代だけど頑張ってね」と話したら「大学に入れてくれた親に感謝しています。勉強しています」と清々しい応答が・・・。

 安倍首相は「解雇特区」や、首切り自由の「限定正社員制」、残業代をゼロにする「ホワイトカラー・エグゼンプション」と言う制度を導入する可能性を持っています。辞めていただきたい。とてもじゃありませんが、これ以上格差が広がり働く者に不安定な生活と不安定な精神を作る日本にしてほしくないと強く思います。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/1030



<< >>


>>このカテゴリーの記事一覧




RSS

Ringworld
RingBlog v3.20f