所沢市議会議員 浅野みえ子

<<   >>
2017年 3月 20日 (月)

都議会の百条委員会で、石原元知事の証言を聞きました

by 浅野みえ子

 3月定例議会が、2月22日(水)から開会しています。
今回は、予算議会なので会期が長いです。閉会は3月28日(火)です。
私は、予算特別委員会の委員でしたので、今議会は家でも予習しまして(28年度の予算書と比較したり、市の事務事業評価表を見たり)毎日、かなり忙しく過ごしました。

 今日は(20日)、久しぶり家でのんびり・・・。都議会の「豊洲市場を巡る都議会の百条委員会」が、あったので元石原慎太郎知事のインターネット中継を見る事が出来ました。

70分間なので追及しにくかったとの印象でした。最初の30分間位、質問時間を使った自民党議員の2人方は、特に聞きたい事が無いようでしたから質問者として出なくても・・・と感じました。とは言え、その後の各党の委員の方々も、ご自分の言いたいことは発言しても元知事から何も引き出せなかったように思えました。証拠を委員が持っていないのに、百条委員会で追及するのは難しいなあと感じました。

もっと、「何年・何月の議会で元知事はこのように発言しているのに、提出した予算額は違う。とか」何か知事時代の発言を掘り起こし、矛盾点を解明する事は出来なかったのでしょうか?普段から、都議会は「一問一答」を実施していないし、また、質問は会派の人数で割り当てられるので、百条委員会でも質問時間が5分の委員もいました。

その点、所沢市議会は議会改革が進んでいて「質問時間は、会派人数とかは関係なく、議員1人ひとりに与えられた権利だから、誰でも、同じ時間を使えます。一般質問は、1人、1時間です」都議会は、一般質問が「10分」の議員もいるそうです。所沢市議会の先輩議員のみな様に感謝します。

でも、都議会は百条委員会を通して、何を結論として導きたいのでしょうか?

豊洲市場、土地購入費560億円に加え、858億円もの土壌汚染対策費を都民の税金から投入し、(その時、瑕疵担保責任がある東京ガスは、土壌汚染対策費に78億円しか負担していない)工事費を入れて、今まで約6,000億円を投じた新市場をどうするのでしょう?
勿論、事実を明らかにして情報公開し続ける事は、必要だと思いますが、その事実で判明したことを実際の都政にどう生かすのでしょう?

夏の「都議選」で都議会で過半数の議席確保に新党をつくるなど小池知事は目指していられるようですが、最大会派の党首が首相になる国の議院内閣制ではなく、地方自治体では、知事も議員も別々に選ばれ、知事は執行機関、議会は議決機関で双方は抑制均衡を保つことが望まれる2元代表制になのですから、議会も知事の下請け的に動くように見える事に、何かしっとりきません。

でも、当面の操業補償費が100億円、施設の維持に年間数10億円ものお金がかかります。知事とは離れて、議会も市場をどうするか考えなくてはならないのではないでしょうか?難しいですが・・・とにかく、東京都はお金持ちなんでしょうが???

私は、むしろ2012年5月に築地市場の業者の方々が、都を相手取り東京地裁に提訴した住民訴訟の行き先に興味があります。土壌汚染が確認されたのに、その汚染対策費用を適正に見込まない価格で、元知事が東京ガスと豊洲市場用地の売買契約を結び、都に損害を与えたとして、石原氏に土地取得額約560億円を請求するよう都に求めているものです。

ちなみに、今議会の予算を審議する中で知ったのですが、執行部(市長や部長)の方が、入る保険があるそうです。市長達は、住民訴訟が起こされる事もあります。その為にも議案提出は慎重であるでしょうが。とは言え訴訟で負けて損害金額を求められた時の、担保としての保険だそううです。各執行部の方が自分で、入る保険ですので、藤本市長が入っていられるかどうかは知りません。
元石原知事も入っていられたのでしょうか?

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/1199



<< >>






RSS

Ringworld
RingBlog v3.20f