所沢市議会議員 浅野みえ子

保育行政への思いの記事 >>
2017年 4月 20日 (木)

所沢市に出来て良かった親子のつどいの広場「ルピナス」

by 浅野みえ子

_83t_83g_90_CF_82_DD_96_D8.jpg
ルピナスで、ソフト積み木で遊ぶ・・・
_8Eq_82_C7_82_E0_8Ex_89_87_83Z_83_93_83_5E_81_5B_83_8B_83s_83i_83X.jpg
市のホームページから〜ルピナス〜」
 16日のブログで、子どもと遊びに来ているのにスマホを見ているお母さんが多いと、書きましたが、その件であるお母さんに「私が見ているなかではそのような親子はいませんよ」と、言われました。そうですね。たまたま私が、孫を連れて行った児童館での数日の出来事だったようです。改めて、独断的に表現して申し訳ありませんでした。

 17日(月)18日(火)と、やはり孫と一緒に「こどもと福祉の未来館」の親子のつどいの広場「ルピナス」に遊びに行きました。そこでは、約50組の親子がのびのびと遊んでいました。スマホを見ているお母さんは(お父さん)はいませんでした。一部を見て、決めつけるようにしてはならないと思いました。

 やはり「つどいの広場」は良いですね。広いので、子どもがいろんな場所に行きます。保護者は目が離せません。
かたや児童館は、広くても20畳位なので同じおもちゃで遊んでいたら、保護者が目を離しても大丈夫。なのでスマホを見る保護者が出る可能性があるようです。

平成23年度「福祉センター」を25億円で建設する予算が出た時に、私は反対しました。その後、藤本市長に代わり、「こどもと福祉の未来館」と名称し、子ども支援センターを(つどいの広場と、発達障害児のケアー広場)しっかりと、位置づけてえ建設しました。私はその時は、賛成しました。

「ルピナス」(=つどいの広場)が所沢市に出来て良かったとしみじみと思います。



 

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/1205



>>


>>このカテゴリーの記事一覧




RSS

Ringworld
RingBlog v3.20f