所沢市議会議員 浅野みえ子

<<   >>
2017年 4月 22日 (土)

所沢駅西口区画整理・再開発ビル一体化事業の説明会へ

by 浅野みえ子

_83_8D_81_5B_83h_83T_83_7C_81_5B_83g_83X_83_5E_83b_83N.jpg
ワルツ前県道の「ロードサポート」事業の花壇を手入れしていらっしゃる会員の方々
_83_8D_81_5B_83h_83T_83_7C_81_5B_83g_83p_83_93_83W_81_5B.jpg
今は、綺麗なパンジーが可愛らしく華やかに咲いています
_88_DA_93_5D_82_B5_82_DC_82_B5_82_BDNO_2E2.jpg
所沢駅西口交差点の前のビルも、借りている事務所が移転したりして、少しづつ協力を得て、ビル解体へ繋がっていきます
 14日(金)午後に初めて「所沢駅西口区画整理事務所」に入りました。
その日は、、区画整理事業・再開発ビル事業一体化施工で、今年度中に区画内に新たな8m幅の道路を建設する説明会でした。その道路は現在のワルツ前の県道に繋がります・繋がる場所は、所沢駅西口交差点と西武デパート駐車場入り口の真ん中当たりです。
その道路を建設すると、「ロードサポート」活動で綺麗な花を咲かせている花壇の一ヶ所を、廃止しなくてはなりません。

 その為に、「ロードサポート」を10年間も続けてワルツ前の美しい花壇を手入れをして下さっている、東住吉町内会の女性の方々に「所沢駅西口区画整理事務所」で、一体化施工の事業を進めている市の担当職員の方々が「説明会」を開催しました。私も参加しました。
 
 風の強い午後でしたが、約25名の町内会の方々が参加しました。
まちづくりが進む中で、今年度から「所沢駅西口まちづくり」の責任者の担当理事の役職が出来ました。当日は、森田所沢駅西口まちづくり担当理事と工藤区画整理事務所所長が中心で説明がありました。

〜以下〜
・今年度、7月に工事を始めて7月中に完成し
・8月から、その道路を使用する
・現在の、旧西武車両工場跡地の万年塀に沿っている一方通行の道路は、廃止する
・廃止時期は、「東住吉町内会の八坂神社のお神輿」が7月の夏祭りで、この道路を通った後にする(最後となります)
・そこで、道路となる箇所の花壇の1ヶ所を7月前に廃止する事となる

質問が出ました

・水道の栓が丁度そこの花壇の所にあるのでどうするのですか?
・他の花壇は、いつまで使えるのですか?(事業の為に、ワルツの前の道路は、32mの幅に拡幅するので)
・再開発ビルを建設する場所なので、旧ビルの解体等も始まるので、その道路をダンプカーが通る事が予想されるけど、歩道を歩く歩行者やロードサポートをする私たちへの、安全性はどのようにケアーするのですか?等々

それらに対して、市の方からケアーの答弁がありました。

が、ワルツ前県道から繋がる新設道路の行き先は、一方通行の狭い道路です。入っていったダンプカーはどうように戻ってくるのか?

・また、新設道路から「所沢村山線」につながる、やはり8m幅の道路建設を同じ時期に作る事は出来ないのか?(ここが出来たらダンプカーは、ワルツの方に戻ることをしなくて良いので)・・・いろいろ・・・花壇の事から離れた話が出ました。

・住民の方々は、西武工場車両跡地の解体や、下水道・ガス管工事の振動や埃で大変、苦労されましたし、今後も長く続く工事に心配ごとが多いです。振動・埃・大量のダンプカーは、住んでいる方々には本当に大変な事です。
・また、家を移動する協力をして下さる住民の方々も苦労です。ご協力に感謝しています。

※この会に参加して一体化事業に関係する住民の方々の身になった「6月議会」での一般質問内容がはっきりしてきました。

・また、「ロードサポート」は、平成30年度の秋までやっていただきますが、その後は、ワルツ前の道路工事が始まるので廃止となるそうです。

・東住吉町内会の方々は、町内会会員の「絆作りとなった花壇の維持・管理活動」を街づくりが完成した後も続けたいとの気持ちを強く持っていらっしゃいます。

※この日の夜は、南陵中学校の「愛校会幹事会」がありました。今年度も生徒のみなさんの部活動を応援する為の会費集めに、役員・各町内会会長のみな様が一所懸命です。地域に出て行くと、教えていただく事、良い地域にする為に活動して下さっている方々の熱意に感動します。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/1206



<< >>






RSS

Ringworld
RingBlog v3.20f