所沢市議会議員 浅野みえ子

<< 議員活動の記事 >>
2017年 12月 2日 (土)

朝、所沢駅構内の混み具合を見に行きました

by 浅野みえ子

_83X_81_5B_83p_81_5B_91_A4_82_F0_92_CA_82_E8_82_DC_82_B7.jpg
生徒たちは、このスーパー側を歩きます
_8DH_8E_96_82_CC_82_A8_92m_82_E7_82_B9.jpg
工事のお知らせポスター
_92_86_8Aw_90_B6_82_CC_8C_E3_82_EB_8Ep.jpg
南陵中学校の生徒さん方(リュックを背負っています)
_92_CA_98H.jpg
朝、7時半頃の改札様子
 所沢駅の東口〜ワルツ方面南口に行く自由通路が、11月25日から駅舎工事の為に、閉鎖されました。2本あった通路が1本になる事で、安全性を心配して、吾妻町内会連絡会議と、南陵中学校区安心、安全の会が、西武鉄道に代替え案を要望していました。西武は、「一本でも大丈夫、又、閉鎖後5日間、安全確認の為に、社員が構内を見守る。又閉鎖口に警備員を置く」との回答がありました。
 それでも、心配な役員の方々と22日に柴山昌彦衆議院議員が窓口になって下さり、国交省の鉄道局に相談に行って来ました。鉄道局課長が、対応してくださり、有意義な話し合いが出来ました。「国の法律には、駅構内を利用し電車に乗る人の安全を定めたもので、構内に鉄道が作る商業施設を利用する人たちが通路を通るので安全に!との法律はない。よって西武鉄道の回答で大丈夫です」との事でした。

吾妻の役員の方々が心配しているのは、朝のラッシュ時に通る南陵中学校の生徒さんたちと、商業施設が来年春に出来て利用する人達が増えると、危ないと、いう事です。これについては、課長から「西武鉄道に、地域の方々が安心できるようなコミュニケーションを取っていただきたいと、伝えます」と言ってくださいました。

そこで、25日の朝から閉鎖なのでラッシュ時を見に行きました。南陵中学校生徒は、7時から8時の間、通りませんでした。土曜日ですが、期末テストの前なので朝練が無いからだと後から分かりました。

そこで、月曜日の11月27日にも7時頃見に行きました。

閉鎖されて南陵中の生徒さん達が通学に利用する初めての日です。朝練がある日は、7時から7時半の通学が多いそうですか、今日は期末テストなので、朝練は無くて、7時半から8時までに、生徒さんたちが歩いていました。
見ていて、危ないことはありませんでした。安心しました。生徒は、改札の反対側にあるスーパーガーデンの方を歩きます。改札口側に電車利用者が通るのでぶつかることもなく、また、心配なエスカレーターや階段も心配な人数の利用者ではありませんでした。電車利用者は、7時半から8時少しまでが、かなり混んでいました。朝練の通学時間は大丈夫でしょう。あとは、西武のテナントが出来る来年の春以降に、むしろ昼間の混み具合が心配です。

南口口通路は、閉鎖されましたが、西口からワルツに通る通路は、空いています。南陵中生徒は、ワルツ方面に歩いて行きました。なお、2階西口から、ワルツに繋がるデッキを駅ステーションビルに沿って、建設する工事が今、始まっています。西武デパートも東口側市民の利用者を呼びこむには、そのデッキが必要と思います。

 なお、付け加えますが、私が見に行った時には、すでに西武鉄道の社員の方々、4〜5人、構内にいらしていて、混み具合を心配し見に来ていました。閉鎖通路の前には、警備員も立っていました。
心配はなく、生徒たちは通学していました。(東口から西側に生徒は約80人と学校に聞いています。が、大踏切を通る生徒もいるようで、構内を通った生徒は40人位でした)

工事は、2020年夏に完成だそうです。南口への自由通路が完成し、そこの両方に商業施設が入り、又、改札口もできるそうです。
また、東口側の商業施設は来年の春にオープンするそう。約140店のテナントが入るとか・・・そして、駅中のラーメン屋さんの左側のパン屋さんだったところに、テナントに繋がる改札口ができるそうです。

今日も、警備員の方が東口側と、南口側の閉鎖した所に立っていました。今後とも危険がないように願います

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/1248



<< >>


>>このカテゴリーの記事一覧




RSS

Ringworld
RingBlog v3.20f