所沢市議会議員 浅野みえ子

<< 議員活動の記事 >>
2012年 6月 10日 (日)

浸水被害解消;東川地下河川工事が完成

by 浅野みえ子

_83e_81_5B_83v_83J_83b_83g_8A_AE_97_B9.jpg
テープカット:完了
_83t_83C_81_5B_83j_83_85.jpg
所沢フイニュー少年少女合唱団
_92n_89_BA_82_CC_92_99_91_A0_92r.jpg
この調整池に雨水が溜まります。計画的に東川に雨水を流します
_93_8C_90_EC_92_99_90_85_91_85.jpg
中央公民館の地下:「東川地下調節池」を見学しました
 2日(土)、東川の地下河川竣工記念式典が、所沢市中央公民館ホールで開催されました。埼玉県の施工により平成7年から整備が進められ、全国的にもめずらしい一級河川「東川」の下にもう一つ川を造るという、地下河川工事が行われたものですが、完成してこの日、埼玉県による「地下河川・竣工記念式典」が、行われました。

 東川は、狭山湖付近を起点として、所沢市の中心市街地を東に流れ、 坂之下で柳瀬川に合流する一級河川ですが、市街地の開発に伴って雨水が、地中に浸透する量が減り、集中豪雨のたびに浸水被害が発生したため、その解消のために、地下に川をつくる工法を考え整備が進められていました。

 開発が進み、近年のゲリラ豪雨の日は雨水が溢れ水が道路に溢れて、日常生活に支障を起こしていた旧銀座通りには、中央公民館の地下に「東川地下調節池」を造りました。この地下の調整池には25mプール、5杯分の雨水が貯蔵できます。既に機能していてこの間のゲリラ豪雨にも、対応できていて旧銀座通りの雨水浸水が起こらないようになっています。

整備区間は、第3流入立杭(弘法橋付近)から排水立杭(加美橋下流)までの延長約2.5キロメートルトンネルの深さは、12m〜20m、直径は、4.5m〜5.2mもあるそうです。

総工費は、100億円以上かかっているそうです。この完成によって、市街地での浸水被害は起こらないとの事で、この工事の完成で今まで被害に会っていた市民の方々は、安心です。

式典には、主催の上田知事。また藤本市長、小野塚衆議院議員、柴山衆議院議員、大野参議院議員、地元の県議等多くの来賓が参加されていました。勿論、市議会議員の方々も。

テープカットの後に、2部で国際親善コンサート等多方面で活躍している「所沢フイーニュ少年少女合唱団」のきれいな歌声が披露されました

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/831



<< >>


>>このカテゴリーの記事一覧




RSS

Ringworld
RingBlog v3.20f