所沢市議会議員 浅野みえ子

<<   >>
2013年 4月 25日 (木)

会派視察:一般廃棄物最終処分場・市議会議員政治倫理条例の2件

by 浅野みえ子

NO.3.jpg
白い屋根のある被覆型最終最終処分場
NO.4.jpg
白い屋根のある被覆型最終最終処分場
_93_8C_8DL_93_87_8EsNO_2E5.jpg
最終処分場の中に、焼却灰を埋め立てています。大分、満杯に近くなってます
_93_8C_8DL_93_87_8Es_8F_88_95_AA_8F_8A.jpg
遮水シートが設置された空っぽの次の棟:使用時には屋根が移動してきます。
 24日(水)朝8時30分の新幹線に乗り、13時11分に「東広島市」に到着していました。
そして、タクシーで「東広島市の賀茂環境センター」に向かい14時少し前から、職員の方から説明を受けて、現場の視察も行いました。ありがとうございました。

東広島市の処分場は、「コンクリーピット・被覆型最終最終処分場」です。

1.それまでオープン型処分場で、処分場に降った雨をすべて侵出水処理施設で処理していましたが、水の安全を確保出来る完全に雨水を遮断できる「コンクリーピット・被覆型最終最終処分場」を、平成20年6月に完成し現在、使用していました。

2.安全性を保って、基礎地盤の遮水シートの構造はコンクリート、アスファルトシート、短繊維不織布等でした。そして、換気設備(ファン)が設置された屋根(被覆設備)を設置して完全に、雨水は防げるし埋立物の飛散防止も完璧です。

3.屋根は、自然採光を得やすい白色の膜を採用し、照明などの電気代の低減が図れるそうです。

4.遮水シートの構造はコンクリート、アスファルトシート、短繊維不織布等で作った基礎地盤の処分場が、4棟ありました。1棟が焼却灰で満杯になったら、屋根を次の棟に移動します。満杯になった1棟目は、土をかぶせてその後に、アスファルトでふたをするそうです。

5.平成20年から使用している1棟目が、25年6月に満杯になるそうです。1棟、4年半で満杯なので、4棟ですからあと15年間はここを利用できます。


※このドーム型の雨水が入らない最終処分場は、とても良いと思いました。

※東広島市は、山が多くこの処分場は人家から1キロは、離れていました。処分場にする前は、畜産関係(鳥)の民間の処分場だったので、市の処分場にする事にはやりやすかったそうです。とは言え、「反対運動」もあったそうですが、大きなものではなかったそうです。

※所沢市には、現在「最終処分場」がないので、焼却灰は米沢市にある民間処分場に運搬して引き受けていただいていますが、自区内処理をしたくて長い時間をかけて現在「候補地」として「柳瀬地区」があげられています。しかし、候補地のすぐ側(道路をはさんで)に人家が数軒あります。その住民の方々は反対しています。

※そうですよね。所沢市も屋根付きの最終処分場を考えていますが、すぐ側に住む方々は賛成出来ないでしょう。その為に、住居の移転保障等も大事な問題になると思います。視察後、そのような話を会派でしました。

※処分場とは別で
すが、

1.「ごみブック」があり、参考にいただきました(ごみの正しい分別・出し方)
・分別早見表が「あ・い・う・え・お」順で記載されていました。多くの品物名がありその品物が「燃やせない粗大ごみ」「燃やせるごみ」「ビン、缶」「埋め立てごみ」「リサイクルプラ」「有害ごみ」等々と、書いてありました。(45ページ)
例:アルバム→燃やせるごみ
入れ歯→燃やせない粗大ごみ 等々

2.資源回収を実施していました。
・1キロ当たり「6円」でした。


25日(木)は、広島県の「池田市」に視察に行きました。「市議会議員政治倫理条例について」です。
所沢市議会の政治倫理条例に入っていないものが、池田市議会にはあります。
それを学びに行きました。

それは
4条:議員、その配偶者若しくは当該議員の2等級以内の親戚(姻族を含む)又は同居の親族が経営する企業並びに議員が実質的に経営に関与する企業は、地方自治法(昭和22年法律67号)第92条の2の規定の趣旨を尊重し、他の工事等の請負契約、下請け工事及び委託契約を辞退しなければならない。ただし、災害等特別な理由がある時はこの限りではない。

※広島県内、14市中、7市がこの条例を定めているそうです。

市議会の加藤副議長が、出席して下さいまして、政治倫理条例を作成した背景や、4条の部分に力を入れていらした理由を、具体的な会派構成等を入れてわかりやすく説明して下さいました。とても良く、わかりました。加藤副議長さまありがとうございました。

※驚いたのは、席に着いたらすぐに「若いですね」と言われました。「池田市議会議員で、一番若い人は63才です」「80歳の方もいます」との事。それでは所沢市議が若く見えます。

そして、「若い人に議員に立候補して欲しいけど、なかなか大きな組織とは団体のバックアップを持たない若い人は出にくい状況なので、この条例の4条は実効性を持たせたい」とのお話が印象的でした。

・長い間、電車に座っていた遠い遠い視察でしたが、大変学ぶことが多かったです。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
./tb.cgi/953



<< >>






RSS

Ringworld
RingBlog v3.20f