所沢市議会議員 浅野みえ子

2016年 1月 19日 (火)

この冬初の雪の日、その後

by 浅野みえ子

 昨日のブログで、市内で雪の被害はないように書きました。確かに、交通事故とかはありませんでしたが、家庭新聞を見たらいくつかの事故があったことが分かりました。

 情報としてお知らせします。

・未明の午前3時頃、中新井地内で自転車に乗っていた64歳の女性が転落し、骨折などの重傷を負った
・他、早朝から複数の消防自動車等がサイレンを鳴らしていたそうで、少なくとも3人以上のけが人が出たとの事。

・雪の重みで、電線が切れた事が原因で、三ヶ島1丁目〜2丁目および、南住吉の1部で停電があったとの事。

・市内の小中学校では、全47校のうち、13校まで1時間または2時間遅れの登校という措置をとったそう。

・私立幼稚園は、全て臨時休園となった。


2016年 1月 18日 (月)

この冬初めての雪の日

by 浅野みえ子

_82Q_82W_81D_82P_81D_82P_82W_83_7D_83_93_83V_83_87_83_93.jpg
役所から見た雪景色
その1高層マンション
_82Q_82W_81D_82P_81D_82P_82W_90_E1_94_F2_8Ds_8B_40.jpg
役所から見た雪景色
その2 航空公園の飛行機が
 今日(18日:火曜日)目覚めたら大雪が積もっていて、天気予報が当たった。雪は雨と違い夜中は静かでしたね。

 今日は、9時から「監査」の仕事が入っていたので電車で市役所に。所沢駅には電車を待つ大勢の方々がいました。私はちょうど8時30分位に来た電車に乗れて、あまり混んでいませんでした。次の電車は、9時近かったそうで、乗った方に聞くと満員電車のように混んでいて、乗り切れない人もいたそうです。テレビで見ると、駅に入れない人で溢れた駅もあったそうで寒い中、大変な方が多かったことと思います。

 航空公園駅から市役所まで歩く交差点に、雪かきを一所懸命している方がいました。役所の環境系の課長でした。そして、役所までの歩道の所も2〜3人の職員の方々が一緒懸命雪かきをしていました。その中に、藤本市長がいらっしゃいました。雪かき隊のみな様、ありがとうございます。

・今日の監査は新所沢にある「下水道局」の物品と施設調査でしたので、9時半過ぎに車で移動しました。まだ市長達は道路の雪かきを・・・
12時少し過ぎに、監査を終了しもどって来たら他の職員の方々が雪かきを・・・
午後の予定の「砂川堀と北野調整池」の監査は、雪の為に現地に行けなくて延期となり2時過ぎに帰宅でしたが、道路も交差点も、また違う職員の方々が雪かきをしていました。ありがとうございます。
 
 市内の事故はなくて良かったなあと思いますが、軽井沢のバス事故の悲惨さが頭に浮かび、腹が立つし悲しくなります。人生これからの・・・学生さんが多く、ご家族の悔しさ悲しさを想像すると胸が詰まりますね。

 国交省が大型バスについて「貸し切りバスの1台の料金を27万円以下にしてはいけない」と、法律を作っても、今回のバス会社は「19万円」で請け負ったとか・・・。そこに頼む旅行会社もひどい・・・こんなひどい事故を忘れずに国交省も抜き打ち調査をしっかりとして欲しい・・・


2016年 1月 6日 (水)

初詣は日月神社・鳩峯八幡神社に・・・・・

by 浅野みえ子

_82_B1_82_A4_82_BF_82_E1_82_F1.jpg
孫が丘の上から人のいない方向、なだらかな方向を通ってストライダーをしています。楽しく・・・
_8Dg_94_7E.jpg
航空公園の紅梅
写真を撮っている方が多かったです
 今日(6日) は、寒くなりました。昨日(5日)は温かくて、3才児クラスの孫と午後、航空公園に遊びに行きました。

沢山の家族連れが和やかに遊んでいました。どの遊具にも大勢の子ども達が・少数となった凧揚げ・バトミントン・・・孫は、いろんな遊びを見て、びっくり・・・しばらくいろいろ眺めていました。少し離れたところにあるバスケットボールの所を通ったら、ボールをゴールに入れるのを見て、すごく不思議そうで笑っていました。刺激がいろいろ。楽しい所沢市の自慢の公園です。

明日から、仕事始めの「出初め式」参加です。
今年も、職務を遂行して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

 私は、今年も地域の「日月神社」に初詣しました。31日から元旦に変わる時刻に、多くの地元住民の方々が石段に並んでいました。北秋津重松流囃子会のみな様の笛や太鼓で祝い獅子が踊っていてほのぼのとします。何故か市議の仕事を始めてからまず「地域住民のみな様が安心・安全で暮らせますように・・・」と、祈っている私がいます。現在の地方自治体運営は、市政をチェックすると共に、地元住民の方々の声を聴き市政に反映していく役割が一部、市議に課せられていると思っています。この10数年間で地元に溶け込んでいる自分に我ながら感心します。そして何よりも、地域活動をしたことがない(共働きでしたので、職場と家庭の行き来で出来なくて)私を、市議として育て下さった地域です。初詣の帰りには氏子会のみな様が、振る舞う甘酒で心身共に温かく・・。

3日(日)には、久米にある「鳩峯八幡神社」に詣でてきました。お正月でのんびりし過ぎてウォーキングも兼ねて、毎年、やはり吾妻地域の安心・安全を祈念しに行きます。神社本殿は、1960年代に県と市の「有形文化財」に指定されている「見世棚造」と呼ばれる室町時代に庶民が祀った小規模な社殿方式を伝えています。が、社殿の周りの柵などは朽ちかけていてとても残念です。
隣の久米水天宮は、我が子を妊娠した時に、安産祈願したお宮です。詣でる度に、成長を報告させていただいています。ありがとうございます。

 地域を守って下さる地域の神社に初詣に行くと、気持ちが穏やかになります。

インターネットで初詣を見ていたら、「初詣」が盛んになったのは、明治時代で鉄道が出来てからだそうと言う博士がいました。『鉄道が変えた社寺参詣ー初詣は鉄道とともに生まれ育った』. と言う著書を書いていました。神社がいろいろな催し物を企画し、鉄道会社が利用者数を増加する宣伝をするとの方向で・・・だそうです。バレンタインデーは、お菓子業界が作り出した物と言う方も多いです。ハロウインにしろ・・・日本の国は、そのような行事がいっぱいですね。


2015年 1月 18日 (日)

この冬初雪が・・・

by 浅野みえ子

_82Q_82W_81D_82P_81D_82P_82W_83_7D_83_93_83V_83_87_83_93.jpg
役所から見た雪景色その1「高層マンション」
_82Q_82W_81D_82P_81D_82P_82W_90_E1_94_F2_8Ds_8B_40.jpg
役所から見た雪景色その2「航空公園」
 今日は、9時から「監査」の仕事が入っていたので電車で市役所に。所沢駅には電車を待つ大勢の方々がいました。私はちょうど8時30分位に来た電車に乗れて、あまり混んでいませんでした。次の電車は、9時近かったそうで、乗った方に聞くと満員電車のように混んでいて、乗り切れない人もいたそうです。テレビで見ると、駅に入れない人で溢れた駅もあったそうで寒い中、大変な方が多かったことと思います。

 航空公園駅から市役所まで歩く交差点に、雪かきを一所懸命している方がいました。役所の環境系の課長でした。そして、役所までの歩道の所も2〜3人の職員の方々が一緒懸命雪かきをしていました。その中に、藤本市長がいらっしゃいました。雪かき隊のみな様、ありがとうございます。

 今日の監査は新所沢にある「下水道庁舎」の施設監査でしたので、車で9時半過ぎに出ました。役所の前を市長達がやはり雪かきしていました。
監査が終わり、12時少し過ぎに帰ってきた時は違う職員の方々が雪かきしていました。

午後の「砂川堀と北野調整池」等の監査は、雪のために行けなくて延期のために、2時過ぎに帰宅でした。その時も、歩道、交差点を又違う職員の方々が雪かきしていました。ありがとうございます。
 
 市内の事故はなくて良かったなあと思いますが、軽井沢のバス事故の悲惨さが頭に浮かび、腹が立つし悲しくなります。人生これからの・・・学生さんが多く、ご家族の悔しさ悲しさを想像すると胸が詰まりますね。

 国交省が大型バスについて「貸し切りバスの1台の料金を27万円以下にしてはいけない」と、法律を作っても、今回のバス会社は「19万円」で請け負ったとか・・・。そこに頼む旅行会社もひどい・・・こんなひどい事故を忘れずに国交省も抜き打ち調査をしっかりとして欲しい・・・


2014年 8月 31日 (日)

「大江戸線・JR東所沢駅まで延伸を」要望書を国交省へ

by 浅野みえ子

 25日(月)に「都市高速鉄道12号線延伸促進協議会」(=会長:新座市長)で、国交省を訪れ、太田昭宏・国交省大臣宛の要望書を提出しました。

国交省は「運輸政策審議会」を設置して、15年間で1回、答申を出すそうです。その答申は、来年平成27年度に出るそうです。

12年度の答申では「大江戸線は、光が丘〜大泉学園町までが平成27年までに整備着手することが適当な路線。さらに大泉学園町〜JR武蔵野線方面が今後整備について検討すべき」と、位置付けられました。

 そこで、協議会としてこれまでも粘り強く要望を続けて来ましたが今回も「当地域のさまざまな特性を生かしながら、交通利便性・生活環境の向上はもとより、防災性の向上などといった広域を対象とした社会的効果を追求しつつ、大江戸線と一体になった魅力的なまちづくりを推進したい。ついてはJR東所沢駅に至るまでの区間の一体的な延伸について、特段の配慮をお願いしたい」等、訴えました。

国交省は、藤田鉄道局長が会見して下さいました。鉄道局長は、お忙しい中20分位時間をとって下さいました。私も名刺交換をさせていただきました。

鉄道局長は
「要望書はいただきました。現在の経済情勢の中での方向性を示したいと思います。この線がみなさんの地域へ通る事での財政的な裏付け。将来、黒字決算になるのかどうか?等を考えたいと思います」等と、道理にかなった内容のお話をされていました。

すでに、それらの経済的な裏付けの調査結果や資料等は国交省にお届けしているそうです。

27年度の「運輸政策審議会」の答申に、都市高速鉄道12号線延伸促進協議会の要望がかなう事を祈ります。

協議会は「所沢市・新座市・清瀬市・練馬区の3市1区で構成されています。この日は、所沢から、協議会副会長の市長代理で中村俊明経営企画部長他、担当職員と協議会理事になっている所沢市議会議長として私が出席しました。
会長の新座須田市長、副会長の渋谷清瀬市長。幹事の新座市・清瀬市議会議長。練馬区都市整備部大江戸線延伸推進課長が出席しました。


2014年 8月 29日 (金)

平成26年度所沢市中学生海外文化交流派遣事業派遣団帰国報告展

by 浅野みえ子

_83V_83_93_83K_83_7C_81_5B_83_8B_8B_A4_98a_8D_91_82_D6_92_86_8Aw_90_B6_93W.jpg
帰国報告展示会:写真のところ
_83_7D_81_5B_81_40_81_40_91_9C.jpg
公園にあるマーライオン像
_91_CC_91_80_82_B5_82_BD_82_BB_82_A4_82_C5_82_B7.jpg
シンガポール日本人学校での交流体操授業
_96_B3_91_E8.png
シンガポールでの食事
 22日(金)午後3時から「 平成26年度所沢市中学生海外文化交流派遣事業派遣団帰国報告」が、開催されました。
シンガポール共和国に、市内中学校の15校から各2名づつで30名の生徒のみなさんが、「7月22日〜26日」にかけて行き文化交流を体験して来ました。その帰国報告会でした。議長として出席させていただきました。

瞳をキラキラさせた30名の中学生が、正面に着座していました。
藤本市長、浅野議長、大岩教育委員長の来賓挨拶がありました。
その後、 団長の横須賀邦子 教育センター担当参事が、5日間の海外文化交流体験の中で「30名のみなさんとシンガポールの日本人学校のみなさんとの輪が大きく結ばれ、広がったこと。また、輪は形が変わると四角にもなります。9月からの学校生活の中でその体験を生かして欲しい。規則やけじめも大切にして欲しい」等と、紙を使い丸や四角を作り指導者に相応しいお話をされました。

その後、代表の生徒たちからプロジェクターを使い写真も公開した「報告」がありました。
・シンガポールの日本人学校の生徒たちと、「体育」「料理」「書道」等の授業をして有意義だったこと
・シンガポールの食事はおいしかった事
・マーライオン(Merlion)に感動したが、思ったより小さかった事
・出発前に数日の研修会で英会話を学んだ事が役に立ったこと
・会話だけでなくてジェスチャーが生きた事も多いので伝えようとする気持ちが大切だと思った・・・・等々  しっかりと発表されました。

※報告会は内藤教育長の中学生への温かい言葉で終了しました。

※報告会には、中学校15校の全ての校長先生が参加されていました。

なお、8月26日(火)〜28日(木)まで、市役所1階市民ホールにて、一人一人の「報告書」やグループごとの壁新聞や写真などが展示されました。

※素晴らしいこの事業の継続を望みます 

※ 帰国報告会出席者
藤本正人所沢市長、浅野 美恵子所沢市議会議長、大岩幹夫教育委員会委員長、内藤隆行教育委員会教育長、派遣中学生保護者、市立中学校長 など 


2014年 2月 12日 (水)

与良正男(毎日新聞論説解説委員)の講演会へ

by

 14日(金)午後3時からミューズ小ホールでありました。所沢商工会議所の新春講演会です。
テーマは、「これからの日本の行方」でした。

すでに大雪が降り続いていました。平岩会頭、藤本市長のご挨拶があり与良正男氏が登場です。まず「今日は、会場に誰も来ていなかったらどうしょう。ドキドキして来ましたがこんなにいらして下さってありがとうございます」と、話されて講演に入りました。さすが、気さくなお人柄で親しみが湧き話に自然に入って行きました。

・高度経済成長の時代は、みんなで分け合って皆に良い顔が出来たが、あれもこれも出来ないので、今は優劣をつける時代になった

・その優先順位が良かったかどうかは分からないが・・・

・アベノミクスは

(1)地方より、都市部
(2)中小企業より、大企業
(3)大企業の中でも、輸入産業より輸出産業に
と、えこひいきです。

・輸出業を元気にして社員の給与を上げて、その人たちが元気になって、その地域を元気にしていこうと思ったのだろうが、「地方に行くのは時間がかかる」

・また、輸入品の建築資材や、石油が高くなって、輸入業者が大変苦労している

・安倍総理は、昭和の時代「三丁目の夕日」が好みのようで、あの時代を取り戻したいと思われているかもしれませんが、それで良いのでしょうか?

・先日、松山市に仕事で行ったが司馬遼太郎の「坂の上の雲ミュージアム」を見て、思ったことは「坂の上の雲」の主役たち
は「国際感覚を持っていた」と、思う。

・世界とともに生きていかなければ生存はないという国際感覚を日本の政治は今、失ってはいないだろうか。

・今は、トヨタも日産も電気の会社もほとんど海外へ工場を移している

・世界で1番売れていた日本のテレビも今は、2番になっているし・・・国際感覚をもった政治が必要ではないか(加工貿易の国だった日本が大きく国際的には変わっている・・・との事でしょう)

・現在の若者は、一流大学を出てボランティアをして生きていこうとする人が増えている。
・例を出して、被災地に子どもたちの「塾」を作り、ボランティアで仲間と教えて、近くの小・中学校とも連携し、最後には自治体の支援も受けてNPOを立ち上げた女性の事を話されました。今でも、大学生がボランティアで協力しているし、塾が大きくなっている

・その若者は、生活をする為にNPOにしてボランティアを続けている。そのような価値観の若者はもしかしたら、競争して得るお金ではなくて、「共に働くこと」「共働」「協働」を求めている

・あと、マスコミに載らない都知事選挙の事、世界情勢、アメリカから見た安倍総理の姿、NHKの経営委員会の問題等々と、現在の興味ある事に、与良氏の考えを話して下さいました。

・微力ながら今後とも、発言をしていきたいとして終わられました。

・午後5時頃、ミューズを出ましたが、大雪でバスも満員で乗れなくて、長時間かけて家に帰りつきました。良い話を聞いたので言って良かったと思いました。


<< >>


>>このカテゴリーの記事一覧




RSS

Ringworld
RingBlog v3.20f