所沢市議会議員 浅野みえ子

2009年 7月 16日 (木)

子どもたちの笑顔を大切にしたい思いはみんな一緒なのに

by 浅野みえ子

P1020901.JPG
会場の様子
15日、三芳町の藤久保公民館で前原誠司民主党副代表を招いて小野塚勝俊次期衆議院選挙候補者の三芳町での決起大会を開催しました。

 民主党に期待する流れは、確実に大きくなっているようです。開催計画時には約250人の会場が一杯になるか心配でしたが、都議選の勝利の流れもあり次から次へと人が増えていき、用意した椅子に加え、またまた、来賓の方々の前・横等に椅子を並べ、それでも立つ方も多く400人以上に膨らみました。本当に立ち見の方々などには申し訳ないと感じました。高齢者の方々だけではなく、40代の男女の方々も今回は多かったです。
 
 前原副代表は、
・天下りで、2年間に5回も公益法人を渡り、その都度退職金を貰い給与と退職金で3億1,000万円も稼いだ人の例を挙げて話されました。すでに、国家公務員を辞める時に6,000万円の退職金を貰っているのですよ。何度聞いても腹がたちます
4,500の公益法人に56才か57才で天下る、このような人が2万5,000人もいるそうです。朝のテレビでみのもんたが、良く言ってますが「天下りに12兆円です」
民主党政権になったら、この制度を辞めさせ、この予算を医療・介護・子育てに入れると、力強く語ってくださいました。
・小泉内閣以来、社会保障費や地方への補助金が大幅に削減されて国民の命を軽くしてしまった実情を良くご存じで、政権交代の必要性を例を挙げて、話してくださりとても説得力がありました

公立保育園の運営費補助金も国は、無くしました。

 今日、16日夜18時30分から市役所8階の大会議室で「こども未来部と保育問題協議会に入っている保護者」との協議会があり、傍聴に行きました。9時10分に終了しました。いろいろ要望を出した最後に「公立保育園の民営化を凍結したのですよね」と、求め「凍結」と言う言葉を引き出そうとする、保問協の佐々木会長や保護者の強い語彙の一問一答での、何回も何回もの追求に、こども未来部部長、保育課課長は、「待機児童解消の為にも財源を造る必要があるので、民営化計画は今後も検討していきます」と、言われていました。
 何人もの幼児たちが、やっと会えた親と又離れ、他の部屋で託児を受けて、3時間近くもこんな会を開かざるを得ない事情を造ったのも「小泉内閣」です。平成16年度から国が公立保育園の運営費補助をなしにしたからです。それまで、国、県から補助金で年間4億円は所沢市に出ていたのが、16年度から無くなったのです。しかし、認可園の民間保育園には4分の3の運営費補助が国、県から出ます。よって、全国的に公立保育園を民営化した自治体は多いです。

 公立保育園の乳幼児の幸せを願い、日々、仕事をしている市の職員の方々と、市民の税金で運営されている保育園に子どもを預ける保護者たちは、本来ならば協力し合い感謝し合う関係です。それがこんな形で対立している事に大きな空しさを感じながら、傍聴していました。きっと小泉内閣時に「後期高齢者」と言われた方々も空しい気持ちをお持ちだと思います。この悔しさは、市執行部のみにぶつけるのではなく、大きな原因の源である政府にぶつける必要をいつも感じています。全国の公立保育園の保護者の方々が「厚生労働省」へ抗議に行っても良いくらいです。私も行きます。

8階の窓から所沢の街が見えていました。いくつもの高層ビルの明かりがロマンチックであり、しかし高層ビルを造り人を呼び、大きくなっていった34万人都市の所沢市の保育行政は、若い方々を所沢市に呼んだのに、ここでは不満不満を言われています。老朽化した公立保育園の改修も計画的になっていません。これは、当麻市長の責任ではなく、バブル時代の頃に改修計画を実施していたら良かったのに・・・改修基金を積み立てたりして・・・財政が厳しいこれからの保育行政は大変です。が、子どもの笑顔を守るまちつくりは大切な課題です。


2009年 4月 28日 (火)

園長会の代表者に電話しました

by 浅野みえ子

 27日、所沢公立保育園・園長会代表のT先生にお電話しました。始めに、県管理職ユニオンの渡辺代表とのやりとりで「渡辺代表がT先生に連絡してみて下さいと、言われたのでお聞きします」と、お伝えしました。そして・・・・・

浅野「園長先生の管理職ユニオンが保育園児の保護者に配った、チラシをご存知ですよね」

T園長「読んだ事あります」

浅野「T先生もつくる時に同席なさったのではないですか?」

T園長「私は、答える立場ではありませんのでお答えできません」

浅野「そのチラシの内容の事で、私が公開質問状を差し上げた事はご存知ですか?」

T園長「わかりません。私は、園長会の代表ですがユニオンに入っているとか、入っていないとかを答えられません」

浅野「渡辺代表が、現場の細かい事は私には分からないので、公開質問状を所沢の現場に渡しました。と言われたのでT先生に届いていると思ったのですが」

T園長「ユニオンの事を答える必要はないと思います。私にゆわれてもわからないのですが」

浅野「では、どなたにお聞きしたらよろしいのですか?」

T園長「今、仕事中ですから組合の話は出来ません」

浅野「申し訳ありません。では、お仕事が終わりましたら何時でもよろしいですのでお伺い致します。5時ですか?6時ですか?」

T園長「私には、分かりませんので答えられません。私が入っているかも答えられません」

浅野「T先生は、ずっと職員組合保育部会の委員長さんをしていらしたのですし、ご主人が自治労連の副代表でいらっしゃいますから、ユニオンに入っていられると思うのですが」

T園長「夫は、全国自治労連の副委員長ですが、私とは違いますから」

浅野「では、12月に園長先生のユニオンが配ったチラシで民間保育園の方々が傷ついている事について、どのように考えていますか?」

T園長「あのチラシの前文を読んで下さい。前文を読んだ方が良いですよ」

浅野「前文を読んで下さいと言うのが、ご回答なんですね」

T園長「なんですかその言い方は、さぎですよ。その言い方は」

浅野「では、ご回答をお願い致します」

T園長「さぎですよ。私は、答えていませんよ。私は、答える立場にいませんよ」

浅野「渡辺代表が、現場に聞いて下さい。と言われ“園長会の代表に聞いても良いですよ”と言われたのでお聞きしているのですが」

T園長「渡辺代表と言う方がどうように言われたか、私も聞いてみます。渡辺さんと言う方の連絡先を私は知らないのですが、教えて下さい」

でした。
 こんな会話の繰り返しでした。T園長が、管理職ユニオンに加入している事を保護者も、市執行部も議員もみんな知っているのに、何故、のらりくらりのお話しをされるのでしょうか?また、県の管理職ユニオンの渡辺代表の連絡先を教えて下さい。と、私に質問される姿はみっともない。と思います。
 自治労連職員組合保育部会が20年3月に発行した「くみあいニュース」に「新所沢保育園のT園長は、県の管理職ユニオンに加入しました」と、書いてありました。(書いた事も忘れて、「入っているとは言えません」と、言い、認可園の民間園を劣悪だとチラシに書き、私は書いていません。のような回答をして、この方も責任感をどう思っているのでしょうか?市の保育行政を預かる課長補佐級の方がみんなこうだとは、思いたくありませんが・・・・・・

私は、パフォマンスではなく真面目に所沢市の保育行政を考えて、公立保育園同士の格差・公民格差をなくしたいと思っています、だからこそ、園長先生の組合が書いた文書の真意を聞き、責任をとっていただきたいと思ったのです。その結果、「さぎですよ。」と言われてしまいました。書いた文書の責任もとらずに、のらりくらりとしていられる方はさぎではなく、なんなのでしょうか?

 私は、幼稚園教諭時代にユニオンに入り活動し、いろいろな組合の方を知っています。私立高校の先生の組合・専門学校の先生の組合・一般職の方々の組合の方々を知っています。自分たちの書いたチラシの内容に責任をとらない人は、いません。私は、組合活動やユニオン活動を否定しているのではありません。所沢市の保育部会と園長組合が無責任である事に悲しんでいるのです。


2009年 4月 27日 (月)

問題です。保問協会長の発言は本当ですか?

by 浅野みえ子

 24日に行われた「保育課」と「保育問題協議会」の交渉の会の事はお知らせしました。実は、その会が終わった後、私は、保育問題協議会の佐々木会長とお話しました。その内容を今日はブログに書いて記録とします。

浅野「さきほど、市の担当課に注意されたのでコピー機は行事の協力以外に使わないように。と、会長さんは保護者の方に言われていましたが、見直すには反省があったんですよね。20年度は、公立保育園の民営化反対のためのチラシをコピー機で作ったから、今後はやめましょう。と反省されたんですよね

佐々木会長「いや、反省とかでなく、保育課に注意されたからですよ。でも、“所沢の保育を守る会”のチラシは、公立保育園で作っていませんからね。守る会のチラシは、民間保育園で作っていますから」

浅野「では、守る会のチラシの裏に園長先生の管理職ユニオンの見解を書いた12月に出したチラシも、民間保育園で印刷したんですか?」
 
会長「いや、12月に私の父が具合悪くて実家に帰っていたので、そのチラシは誰が印刷したのは分からないのです」

浅野「でも、公立保育園のコピー枚数が去年と比べて20年度8万5千枚位増えたんですよ。民営化反対 のためのチラシを作った事は分かりますよ。それを反省されたから今年は、行事以外に使わないようにと、会長は言われたんですよね」

会長「保育を守る会は、公立保育園では作っていませんから。民間のあかね保育園、いやひまわり保育園・ひまわり保育園で、すべてチラシは作ったんですよ。分かって下さい」 
 との会話でした。

 ちなみに、この2つの民間園は国・県・市のから出る運営費のみで運営している認可園の社会福祉法人立保育園です。言ってみれば、民間とは言え、全て税金で運営している保育園ですよ。そこで、リソグラフ(印刷機)かコピー機かは分かりませんが、守る会のチラシを1回で、2,500枚位(保育士の数も入れて)づつ作っていたとしたら、おかしくないですか?特に、ひまわり保育園は、社会福祉法人向日葵会が運営していて、この向日葵会は、所沢市の指定管理制度保育園である、公設民営の「東所沢保育園」も運営しています。

※あかね保育園もひまわり保育園も保問協、保育を守る会に入っていて「民営化反対」をしています。
 
 ご自分たちも、民間園なのに「民営化反対」で、他の民間園の関係者が傷つくような内容の嘘まで書いた、チラシを印刷していたら、所沢市の保育行政は、どうなっているのですか?これが、本当なら、ひまわり保育園は守る会から印刷代をもらっているのでしょうか?無料で、印刷を許可していたら、他の民間保育園を傷つけるチラシの費用は、やはり税金です。費用を守る会からもらっていたとしても、問題です。

 市の運営方針を批判しながら、交渉しながら、市の税金で自分たちの運動の為のチラシを作り、そして、指定管理制度の公設民営の保育園に選定してもらい、法人を大きくして行く運動の仕方をしていたら・・・お上手としか言えません。この指定管理制度を導入して公立民営化園を作った時に、保問協は反対して、反対活動をしていたそうです。しかし、最後には反対運動をしていた法人が、指定管理で選定され、法人を大きくしました。ひまわり保育園の保育内容は、評判は良いので、子どもたちに良くないとは思いませんが、運動の仕方がおかしいです。所沢市の保育行政は、なぜ運動団体に振り回されるのですか?おかしいです。

 保育課との交渉の会の最後に、佐々木会長が市の保育課に向かって大きな声で「民営化をするのでしたら、良い民営化をして下さい」と、はっきりと言われました。こんな事を、会長に言わせて良いのですか?保護者の方々は?参加されていた保護者の方々、聞きましたか?保護者の方々は「良い民営化をして下さい」と、会長が勝手に発言しても怒らないのですか?私が、守る会の保護者だったら怒ります。そして、保問協に利用されないようにします・・・

 私は、この会長の言葉をお聞きして思いました。「公立保育園を民営化して、検討委員会が選定した委託先が、あかね保育園かひまわり保育園だったら、私は、この民営化のやり方に反対します。その公立保育園の廃止条例が議会に議案として出てきたら反対します

 だって、多くの民間保育園を傷つけるチラシを印刷した民間園が、保 護者の力を利用した運動の結果で大きくなることには賛成できませ  ん。

※でも、保問協の会長さんの話は、全部を信じてはいませんが・・・・
 以前、保問協が開催した市と約400人の保護者との交渉の会の受付 で「市長・副市長・市会議員たちは報酬を1億円もらっている」と、書き込んだチラシを配布しました。そして、その嘘を私が指摘したら会長は「私は、そのチラシ知らないのです。受付の女の人が配ったのです」と、言われたので「では、誰が書いたかを調べるとこの紙に書いて下さい」とお願いしたら、逃げて行かれた方です。その後も、そのチラシについての訂正や反省の弁もありません。私は、会の代表や責任者ってとっても大事な役だと日頃、思っています。会に何かあったら、代表が「私の責任です」と、引き受ける覚悟がある人がなっていると思っていました。特に、市に反対する会なら責任が大きいです。(たくさんの保護者に影響を与えるのですから)それなのに、この会長さんは、気楽にひまわり保育園で全て、印刷してます。なんて言われています。向日葵法人会の理事長先生にお聞きしに行きたいです。こんなに気楽に、1億円と書き込んだり、ひまわり保育園・・・・と言われる方が責任者の会って?なんでしょう?所沢市の保育課も、同じ方と30年間も交渉しているのですか?
 
会の中で、4月に保育課長になられた課長に向かって「課長さんも初めてで分からない事と思いますが・・・・」なんて、言われる会長がいらっしゃる会と同じような内容の交渉を毎年、同じようにしていてどうするのですか?
保育行政を実施するのは、リードするのは保育課です。議会基本条例で決めたように市が反問権を使ってでも保問協をリードしていただきたいです。
会長が課長に向かって「あなたより、私の方が所沢市の保育行政を知っているんですよ」と、言っているようでした。何度も言いたいです。保育行政は、保育課課長が専門家なんですよね



※「所沢の保育を守る会」=(民営化を反対する会)=20年度にNO. 14号位までチラシをつくり全園時の連絡ポケットに入れました。  (公立園の園児は、約2,200人)


2009年 4月 25日 (土)

早寝早起きが乳幼児期の基本理念です

by 浅野みえ子

 24日の午前中、あるグループの方から「元幼稚園の先生として子育てに大切な事」を話してください。と依頼され話させていただきました。会場は「ふらっと」でした。乳幼児子育て真っ最中のお母様方がいらして下さいました。私が大切にしている子育ての理念を、具体的な事例を入れながらお話ししました。いくつかありますが、1つ目の理念は「規則正しい生活習慣を乳幼児期につける」です。話し後、若いお母さん方が「丁度、今、悩んでいる事とつながり良かったです」とか、ご自分と母親との関係を思い出し話して下さったりして意見交換も出来て、私も学ぶ事が多かったです。幼稚園時代は、担任として話しましたが、初めてお会いした方々にも私の考える理念が伝わったので嬉しかったです

 夜:6時30分から市役所の「議会棟3階会議室」で行われた「保育課と保育問題協議会の協議会」の傍聴に行きました。保護者の方々が30人位いらして、お仕事の後にお疲れ様です。9時までかかり、子どもさんを連れていらした方もいて、大変ですね。家に帰ったら10時ですか?子どもが寝るのは?何時?こんな時間になぜ開くのか、子どもたちの為の会と言いながら、子どもが寝る時間も配慮しないで保育課も保問協もおかしいです。

 保育問題協議会の会長が司会をしていろいろ保育課に要望を出して、保育課が回答していました。私は、傍聴していてなぜ保護者が「保育問題協議会」に入り保育課に要望を出すのか、そしてそれに対して市が答えているのか、疑問に感じました。所沢市の保育行政は、保育問題協議会が間に入って要望しないと保護者の要望をつかめないのですか?なぜ、保問協が要望する前に保育課が保護者から直接声を聞かないのですか?仕組みがおかしいです。

 私は、今まで7つの他の区や市に視察に行き、保育課の職員の方から保育行政を伺いました。ほとんどの自治体は、行政が先に(保護者に言われる前に)動いています。例えば、「老朽化した公立保育園を建て直して下さい」「松井保育園や新所沢保育園のような豪華な保育園を作るのではなく、そこの予算を落としてもっと他の古い建物の保育園の改修を早くやるべきでした。今からでも早くやって下さい」と、所沢市の保護者は発言して拍手がわいたりしていました。私も保護者の方の発言に同感ですが、この光景は異様でした。公立保育園の人事やコピー機使用を、組合が握っているような面がある所沢市。同時に、保育行政全般を決めるのに保問協が要望を出し、市の保育課がそれを受けて決めているようですごくおかしいと思いました。なぜ、市に要望を出す団体に気を遣いすぎるのですか? 富岡保育園は、明日にでも天井が落ちそうなのになぜ、今すぐに市は対応しないのですか?耐震診断後に、改修は無理ですから、すぐに立て替え計画を作る位の保育行政を市が率先してやって欲しいです。今までは出来なかったけどこれからは、行政がリードしてやって下さいと、申し上げます。
 
 他の自治体の保育課長さんは「公立保育園も民間保育園も市の宝ですからみんな同じように、見て廻り、また同じ条件になる保育行政をしています」「自分から(課長)良く保育園に行き、職員会議や休憩時間に保育者と話し、細かい部分も聞き、市として先に対応します」と言われます。はっきり「組合や保護者からの要望が大きな声になる前に市が対応して、必要以上に組合や保護者会の力が変に強くならないように気をつけます」等のニュアンスの話をされる課長もいました。所沢市はこの反対です。保護者会や組合から要望が出るのを待っているようです。だから、「民営化反対の会」のチラシを無料で保育園のコピー機で、たくさん作成されてしまうのではないでしょうか? 19年度と20年度のコピー枚数が8万枚以上増加しても、園長に「なぜ、増えたのか?」と聞き注意せずに、議員が議場で一般質問したら初めて園長に注意する保育行政は、やっぱりおかしいです。会社で言うと社長より社員が、会社の方針を出しているようです。民間で、これでは倒産してしまいます。その分、なにかあったら社長の財産にかかわるし、責任者は重圧を感じながら、そして社員の生活も預かる役割として方針を出すのです。市内の民間の保育園や幼稚園はしっかりと理事長や園長が率先して保育方針を出します。(勿論、保育士の声を聞き)また、計画的に修理や購入する物を保護者に言われる前に決めます。市の保育課がリードする保育行政になって頂けるように、公民格差・公立間の格差がない保育行政をしていただけるように、私は、今後とも活動したいと決意新たにしています。いろいろ他の問題もやりたいのですがね・・・・・・


2009年 4月 24日 (金)

その(2)市内の公立保育園2園を視察

by 浅野みえ子

P1020174.JPG
約6億円の新所沢保育園
P1020185.JPG
新所沢保育園だけに、こんな立派な引き出しがあって良いのでしょうか?
P1020187.JPG
柱に柔らかい物がまいてありました
P1020212.JPG
富岡保育園の雨漏り天井・落ちてくるかもと・・・
 ここには、新所沢保育園の写真を掲載します。新所沢保育園の建設費は、5億5,115万3,000円です。(国・県の補助額はゼロです。全て、市の負担)
180人定員。
 ちなみに、同じ時期に立て替えをして耐震化をした綺麗な保育園の、社会福祉法人立保育園・A園の建設費は、1億6,661万7,110円です。120人定員。(民間園なので、国・県の補助金があるので市の負担した予算額は、4,646万8,000円です)

 新所沢保育園の建設費なら、想像すると保育園が2園建設出来るとも言えます。富岡保育園も建て替え出来たのに・・・A保育園も見た事がありますが、とても綺麗な立派な建物です。

 とにかく、富岡保育園は、今すぐにどうにかしないと子ども達がかわいそうです。トタン屋根の塗装がはげていると言う事は、塗装してもダメです。屋根を作り直さなくてはダメです。実は、南陵中学校の武道館のトタン屋根の塗装が部分的にはげてきています。愛好会の役員で、大工さんで塗装も専門の方がいます。その方が「今なら、部分的にはげているからペンキを塗れば、間に合います。ほっといたら雨漏りしますよ。そうなったら屋根を全て作り直さなくてはいけません。足場を組むから100万円以上かかります」と、言われていました。愛好会で、教育委員会に要望を出しましたが・・・・・

 この富岡保育園は、もっと大きな建物なので300万円はかかるかもしれません。床も改修なんて考えたら・・・もう改修ではダメですね。立て替えしか方法はありません。一緒に視察に行った赤川議員は、以前、建築の仕事をしていたので詳しい方です。赤川さんが本当に心配して「あんなにひどい屋根と雨漏りなら、天井裏に水がたまっているかもしれないし、腐っているから、ある日、突然に天井が落ちてくるかもしれないですよ」と、言います。起こってからでは、遅すぎます。子ども達がかわいそうです。どうにかしなくては・・・・・・・
 

その(1)市内の公立保育園2園を視察

by 浅野みえ子

P1020192.JPG
穴の多いホール
P1020198.JPG
ガムテープがささくれを防ぐが、裸足では歩けないのでは
P1020211.JPG
ささくれの床
P1020212.JPG
玄関を入ったすぐの天井は雨漏りのすごいあとが
〜新所沢保育園・富岡保育園を〜
 22日、私たち「民主ネットリベラルの会」は19年度に建設した新所沢保育園と、40年前に建設された富岡保育園を見てきました。

 「新所沢保育園」は、とにかく綺麗で素晴らしい建物でした。(勿論、耐震化も大丈夫)内部は、贅沢な木造で、ふんだんに木が使われていました。2階の廊下の曲がる所には、大きな立派な柱があり危ないのか柱の周りには、柔らかい材質のクッションのような物がまかれていました。その横に贅沢な引き出しがあり一人ひとりの名前が書いてありました。絵の作品を一人ひとり入れる棚だそうです。手作りなのでお値段は?驚きは看板にも、クラス名を書いた看板は手作りで「3匹のヤギのがらがらどん」が彫刻してあり・・・と、味わい深い看板でした。この看板のお値段は?

 お昼寝の時間にお邪魔して案内してお話して下さった、園長先生ありがとうございました。新学期なので1才児の寝付かれない子どもを、保育士さんがだっこしてあげていました。こんな風にして我が子が育っていったのだと思い出し感謝と共に、「子育て中は大変忙しかったけど>、楽しかったね」と、末吉さんとしみじみ話しました。

 富岡保育園は、木や花が庭に自然にある温かい雰囲気のなんか懐かしい保育園でした。しかし、トタン屋根の塗装がはげていて、明らかに外から見ても雨漏りがすると思えました。本当に玄関を入ったすぐの天井に雨漏りが大きくありました。2階の園長室の天井も雨漏りでした。屋根の塗装は20年前にしたままとかで驚きました。本当に20年前にしているかも、疑問です。創立以来、塗装していないみたいな感じです。
今年の予算に富岡保育園の「耐震診断」の予算が計上されましたが、耐震と共にトタン屋根の取り替え、廊下の改修とかやらなくては子どもたちがかわいそうです。廊下はささくれがあり、そこにガムテープを貼ってありました。また、ホールの壁は穴が開いていてこれもまた、壁紙をそこら中に貼ってありました。なんとクラス名の看板は、新所保育園と比べると反対で名札のそのまんまの安すい物で、あまりにも予算のかけ方の格差に驚きました。

 所沢市の保育行政は、どうなっているのですか?公立保育園の民営化反対と民間保育園を傷つける嘘の内容のチラシを出し、保護者を扇動する前に、公立保育園の格差を問題にしない管理職の園長先生は、本当に全ての子ども達の事を考えているのでしょうか?働く保育士の身分や条件を良くする事・保育士を減らさない事(組合員を増やす)ばかりに考えが傾いているようです。
それが、私の感想の一部です

※ブログには、4枚しか写真が載せれません。新所沢保育園の写真は次 に載せます続けて見てくだされば幸いです。


2009年 4月 22日 (水)

管理職ユニオン渡辺代表に私から電話しました

by 浅野みえ子

 22日、未だに回答が届きません

考えたすえ、お忙しかったり悩んでいられたりするかもしれないと思い、管理職ユニオンの渡辺代表の職場である上尾市役所に電話をしました。(昼の12時に)
以下、会話をお伝えします。

浅野「所沢市議会議員の浅野と申しますが、突然に申し訳ありません。 実は、お手紙が渡辺代表に届いたと思うのですが、届いているでしょ うか?」

代表「あ、届いています。現場の話なので現場がわかるので、現場に渡 しました」

浅野「では、所沢市の園長先生の方からお返事いただきますので、支部 長さんを教えて下さい」

代表「代表はいません。でも、まとめ役はいますが」

浅野「どなたにお話ししたら良いか分かりませんので、まとめ役の方を 教えていただけますか?」

代表「教えられません」

浅野「どうしたら良いのでしょうか?では、園長会の代表の先生にお聞 きしても良いですかね」

代表「よろしいのではないですか」

浅野「わかりました。ありがとうございます。でも、渡辺代表は、園長 先生達の管理職ユニオンが書いたチラシはご存知ですか?」

代表「知ってますよ。私も同席して浦和の事務所で書きましたから」

浅野「では、所沢市の園長先生が浦和に行って書かれたのですね。行か れたのは、何人の方々なんですか?」

代表「教えられません。でも、民営化はいけませんよ。民間は、倒産す るし競争原理が働くから、収益を上げようとします。公立の枠組みで 保育園はするべきですよ」

浅野「民間と言っても、認証園ではなくて国と県と市の税金のみで運営 する埼玉県が認可する社会福祉法人立なんですよ。定員数で同じ額の 税金で運営しているんです。どのように収益を上げるのですか?教え て下さい」

代表「具体的な事は、現場が知っていますから、現場の人に聞いて下  さい」

浅野「分かりました。お忙しいところに対応して下さいましてありがと うございました」

との事で、電話は切りました。

このような対応の方が、自治労連埼玉県管理職ユニオンの代表の方でした。

次は、所沢市立保育園園長の代表の方に、連絡をとるのがよろしいのでしょうか?
「まとめ役は知りません」と、言われたらどうしましょう・・・・・

なにか良いアドバイスがありましたら遠慮なく私に、教えてください。
   asanomieko@nifty.com がメールです。


<< >>


>>このカテゴリーの記事一覧




RSS

Ringworld
RingBlog v3.20f